J2長崎退団のMF中村祐哉が現役引退を表明「とても楽しかった」

[ 2015年3月18日 19:10 ]

 昨季でJ2長崎を退団した中村祐哉(27)が18日、自身のツイッターを更新。昨季限りで現役を引退することを発表した。

 中村は「ご無沙汰してます。昨季を持ちまして引退することとなりました。プロの世界は厳しく苦い思い出が多かったですが、振り返ればそれがとても楽しかったです。今まで応援していただきましたファン、サポーターの方々には感謝の思いしかありません。本当にありがとうございました!!」とツイート。「未だに実感が湧きませんが、これからの人生も何事も一生懸命生きていきたいと思います!!」と続けた。

 長崎県出身の中村は大分U―18から関西大、ホンダFCを経て13年にJ2京都入り。昨季からJ2長崎に移籍したが、9試合0得点の成績で退団していた。J2リーグ戦の通算成績は25試合0得点。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月18日のニュース