本田 4戦ぶり先発も不発…逆転負けでサポからBoo~

[ 2015年3月18日 05:30 ]

フィオレンティーナ戦の前半、シュートを放つACミランの本田(左)

セリエA ACミラン1―2フィオレンティーナ

(3月16日)
 ACミランのFW本田は4試合ぶりに先発したが、不発に終わった。 3トップの右に入り、後半35分までプレー。前半12分に右サイドから右足で放った鋭いシュートがGKに阻まれると、前半38分の右サイド突破から見せた右足クロスは精度を欠いた。

 チームは後半11分に先制したものの、本田交代後の2失点で逆転負け。2月22日のチェゼーナ戦を最後に3試合白星から見放されている。

 本田は「結果が全て。サッカーの厳しさを思い知らされた」と厳しい表情。サポーターからブーイングを浴びたが「自分自身の生きざまとしては、こういう困難に立ち向かうのが本田圭佑。常に難しいですけど、自分の人生の中で今に始まったことではない。ミランの10番という環境で学ぶことは多い」と前を向いた。

 次戦は21日のカリアリ戦。ハリルホジッチ監督の新生日本代表に招集されることが確実視されるだけに、勝って気分良く帰国したい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年3月18日のニュース