負ければ1次L突破に赤信号…鹿島DF西「自分たちのリズムで」

[ 2015年3月18日 06:44 ]

 崖っぷちだからこそ原点回帰する。公式戦開幕4連敗中の鹿島は18日に敵地で広州恒大(中国)と対戦。負ければACL1次リーグ突破に“赤信号”が灯るが、DF西は「勢いを持ってくる相手に会わせるのではなく、自分たちのリズムでプレーしたい」といつも通りの戦い方を貫くことの重要さを説いた。

 トニーニョ・セレーゾ監督は「優秀な選手だということは知っている。クロスボールの際にはスペースを見つけられるし、カウンターの起点にもなる」とACL2戦4発のブラジル代表FWリカルド・グラルへの警戒心を強めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月18日のニュース