FC東京 “ハリルの教え子”アルジェリア代表FW獲得へ

[ 2015年3月16日 06:10 ]

1月のアフリカ選手権に出場したアルジェリア代表FWベルフォディル(AP)

 FC東京が、パルマのアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(23)の獲得に動いていることが分かった。関係者によれば交渉は順調に進んでおり、一両日中にも決定する可能性が高いという。

 ベルフォディルはフランスの名門リヨンで育ち、U―17からU―20まではフランス代表でプレー。将来を嘱望され、元フランス代表FWアンリの再来と言われた。驚異の身体能力とスピードを誇り、13~14年シーズンにはインテル・ミラノでもプレーした。A代表は母国のアルジェリアを選択。当時チームを率いた日本代表のハリルホジッチ新監督の下でA代表デビューを飾っており、まさに“ハリルの申し子”。実力も話題性も十分な超大物。獲得が実現すれば、日本代表FW武藤、前田らと強力なFW陣を形成することになる。

 ◆イシャク・ベルフォディル 1992年1月12日、アルジェリア出身の23歳。08年にリヨンの下部組織に入団し、09年にトップ昇格しデビュー。その後ボローニャ、インテル・ミラノ、パルマなどでプレー。U―17~U―21はフランス代表でプレー、A代表はアルジェリアを選択。1メートル92、86キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月16日のニュース