先発大幅入れ替え濃厚!なでしこ初招集MF横山が“一発回答”狙う

[ 2015年3月6日 05:30 ]

6日のポルトガル戦でなでしこデビューが確実なMF横山(右)

アルガルベ杯1次リーグC組 日本―ポルトガル

(3月6日 ファロ)
 なでしこジャパン初招集のMF横山が“一発回答”でW杯メンバー滑り込みを狙う。

 4日にアルガルベ杯が開幕し、1次リーグ初戦に臨んだ日本は格下デンマークに1―2で敗れた。5日の練習では、6日のポルトガル戦に向けてサブ組が直前調整。先発総入れ替えのターンオーバーを明言している佐々木監督は「誰もがプレッシャーがある中で自分の力が出せるのか。楽しみ」と新戦力の台頭を期待し、右MFで先発が確実な横山は「持ち味を出して仕掛ければアピールになる。試合に出る以上は点を取りたい」と意気込んだ。

 普段は長野信用金庫で働きながらなでしこ入りを目指してきた21歳。10年のU―17女子W杯の北朝鮮戦での4人抜きゴールでFIFA年間最優秀ゴール賞にノミネート。昨季のなでしこチャレンジリーグでは21試合で30得点を量産するなど脂の乗ったドリブラーだ。U―23世代ながら岩渕、長船の相次ぐ負傷で千載一遇のチャンスが転がり込んできた。「(格下の)ポルトガルは引いてくる相手。積極的にいきたい」。“仮想W杯”と位置付ける今大会で、チーム最年少の横山が、なでしこの救世主になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年3月6日のニュース