岡崎 恩師ザックと矢野通訳に再会「お父さんとお兄さんに再会したような感覚」

[ 2015年2月23日 16:30 ]

ザッケローニ氏と再会した岡崎(AP)

 日本代表FW岡崎慎司(28=マインツ)が23日、自身のブログを更新。昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会まで日本代表チームを率いたアルベルト・ザッケローニ氏(61)と再会を果たしたことを報告した。

 「再会」とエントリーした岡崎は、「みなさん、めちゃ嬉しい訪問がありました!元日本代表監督のザッケローニさんと通訳の矢野大輔さんが今回のダービーマッチを見にきてくれました!^_^」と21日のフランクフルト戦に2人が観戦に訪れたことを笑顔の顔文字入りで報告。

 「なんだろうこのお父さんとお兄さんに久しぶりに再会したような感覚!」とザッケローニ氏と、その通訳を務めた矢野大輔氏(34)に久々に会えた喜びを表現した。

 岡崎は、恩師のザッケローニ氏から「もっとゴールを意識した動きをして、ゴールにこだわった方が良いんじゃない?」とアドバイスも受けたそうで、「『自分にも意図がありチャレンジをしてます!』と生意気ながら言わせていただきました!^_^」との微笑ましいエピソードも披露して笑いを誘った。

 「日本代表監督の仕事を終えた後も、ずっと応援してくれてると思うと嬉しかった!」という岡崎は、「大輔さんは僕に似てるのに何故か3倍はカッコイイから不思議でしょうがないわ」と関西出身らしく“オチ”も。

 岡崎は、2人が観戦したフランクフルト戦でアシストをマークし、3―1の逆転勝利に貢献。「2人と話せてまた力が湧いてきました!」とさらに刺激を受けたようだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年2月23日のニュース