日本協会 アギーレ監督を解任「日本で仕事ができたことは幸せでした」

[ 2015年2月3日 17:02 ]

日本代表・アギーレ監督

 日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)が3日、東京都文京区のJFAハウスで緊急記者会見を開き日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)との契約を解除することを発表した。大仁会長は「大変残念な結果となった。我々は日本代表のことを考えなければならない」と話した。

 アギーレ監督は協会を通じ「日本で仕事ができたことはとても幸せでした」などとコメントした。

 アギーレ監督はサラゴサを率いていた11年5月21日のレバンテ―サラゴサ戦で八百長に関与した疑いがあり、昨年12月にスペイン検察当局から告発され、アジア杯中の1月14日にバレンシア予審裁判所に受理されたと現地メディアが一斉に報じていた。日本協会は前日2日夜に受理を確認した。スチュアート・ゲリング、ファン・イリバレン、リカルド・ロペスのコーチ3人も契約を解除する方針。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年2月3日のニュース