ツネ様抜いた!長谷部 主将Aマッチ出場数の最多記録を樹立

[ 2015年1月21日 05:30 ]

ヨルダン戦で競り合う日本代表MF長谷部(左)(AP)

アジア杯1次リーグD組 日本2―0ヨルダン

(1月20日 メルボルン)
 日本代表MF長谷部がリーダーシップを発揮した。

 危険なタックルなど相手のラフプレーにいら立つ仲間に対して「熱くなるな」と指示。初戦のパレスチナ戦後の主審批判で本田が罰金処分を受けたこともあり冷静なプレーを求めた。日本代表主将としての国際Aマッチ出場数を56に伸ばし、データが残る89年5月以降の最多記録を樹立。宮本恒靖を抜き単独トップに立った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2015年1月21日のニュース