長友 格下パレスチナを“子供扱い”岡崎弾の起点に!

[ 2015年1月13日 05:30 ]

<日本・パレスチナ>タックルをかわしながらセンタリングを上げる長友(右)

アジア杯1次リーグD組 日本4―0パレスチナ

(1月12日 ニューカッスル)
 左サイドの“ダイナモ”日本代表DF長友が縦横無尽にピッチを走り回った。

 前半25分には左からのクロスで岡崎のヘッド弾の起点となるなど、格下のパレスチナを子供扱いした。「どれだけチームのためにプレーできるか。今の日本の力なら頂点に立てる」と話していた。早速、有言実行のパフォーマンス。昨年6月のW杯で1次リーグ敗退を喫した後、目標を失っていた男が再び、抜群の存在感をみせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年1月13日のニュース