元日本代表MF高萩が広島退団へ 米、豪などの移籍先模索

[ 2014年12月31日 12:12 ]

広島退団が濃厚となった高萩洋次郎

 J1広島の元日本代表MF高萩洋次郎(28)が来季の契約を結ばず、広島を退団することが濃厚となった。海外移籍を目指すという。

 高萩は以前から海外挑戦の希望を持っており、2年契約の2年目が終わるタイミングで海外移籍を決断。関係者によると、すでに広島側には意思を伝えており、米国やオーストラリアなど移籍先を探しているという。ただ、現時点では具体的なオファーはないようだ。

 福島県出身の高萩は2002年に広島ユースに入団。翌03年11月にはプロ契約を結び、プロの高校生Jリーガーとなった。12年7月の東アジアカップではA代表に初招集され、中国戦で代表初出場を果たした。今季は32試合に出場して3得点だった。

 福島県いわき市の実家は東日本大震災で被災しており、積極的に被災者支援活動にも取り組んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年12月31日のニュース