C大阪 川崎Fから中沢獲り、最終ラインの強化図る

[ 2014年12月20日 07:49 ]

川崎のDF中沢をC大阪が獲得する

 来季J2に降格するC大阪が、川崎FのDF中沢聡太(32)を獲得することが決定的となった。代理人を通じてオファーを提示。近日中にも交渉がまとまる見通しだ。

 元U―20日本代表の中沢は1メートル88の長身DF。今季の出場は10試合にとどまったが、J1通算195試合15得点と経験豊富。07~12年に在籍したG大阪では定位置を確保しACL制覇にも貢献した。今季のC大阪は山下とコンビを組むセンターバックが定まらずJ2降格の一因にもなった。FC東京からオファーを受ける山下の慰留にも全力を注いでおり、中沢獲得で最終ラインの強化を図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月20日のニュース