予審判事は女性 20年以上の経験持つベテラン

[ 2014年12月20日 05:30 ]

 アギーレ監督がスペイン検察当局に告発された問題で、不正が疑われる試合が行われたバレンシアの裁判所は19日、予審判事が女性のイサベル・ロドリゲスさんに確定したと明らかにした。

 告発状の受理の可否は今後決まり「まだ手続きは始まっていない。受理した場合は本格的な捜査が始まる」としている。判事は20年以上の経験を持つベテラン。広報担当は「受理の結果発表はないが、通常は受理されたその日から捜査が開始される」と説明した。アギーレ監督が予審法廷で聴取を受けるよう命じられる可能性もあり、「裁判になれば数カ月はかかる」との見通しを示している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年12月20日のニュース