18年ロシアW杯開幕は6月14日、FIFA理事会で承認

[ 2014年12月20日 01:30 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、モロッコのマラケシュでの理事会で2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会の日程を承認した。6月14日に開幕し、決勝は7月15日に行われる。

 アジアと北中米カリブ海の予選が来年3月から始まることも承認した。W杯のプレ大会で各大陸王者が戦うコンフェデレーションズ杯は、17年6月17日から7月2日で実施する。

 開催時期を巡って議論の続く22年のW杯カタール大会については、来年3月の理事会で日程を固める。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年12月20日のニュース