大宮“異例”GKダブル獲り!FC東京・塩田&浦和・加藤

[ 2014年12月13日 06:09 ]

大宮が獲得オファーを出したFC東京・塩田(左)と浦和・加藤の両GK

 来季J2に降格する大宮が、FC東京のGK塩田仁史(33)、浦和のGK加藤順大(30)に獲得オファーを出したことが分かった。今季リーグ12試合に出場したGK江角浩司(35)、同15試合に出場したGK北野貴之(32)と来季契約を更新しないことを発表し、GK2人を入れ替える。

 塩田は07、08年はFC東京で正GKを務めたが、ここ数年は権田の台頭で出場機会が激減。加藤も11~13年に浦和でレギュラーを張ったが、今季は西川の加入でリーグ出場がなかった。ともに日本代表GKに押し出された形で、大宮はGK清水慶記(29)らと競わせる方針だが、主力級GKのダブル獲得は異例。1年でのJ1復帰に向けて、まずは最後列の改革に着手した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月13日のニュース