川崎F 松本・船山に食指…J1昇格呼んだ27歳万能FW

[ 2014年12月4日 06:50 ]

今季J2で3位の得点19得点を挙げた船山

 来季悲願の初タイトルを狙う川崎Fが、J2松本のFW船山貴之(27)に獲得オファーを出したことが分かった。関係者によると既に水面下で交渉を開始している。

 今季のチームは一時首位争いを演じながら、終盤に失速。最終節を残して6位で来季ACL出場権も逃した。攻撃陣は大久保、レナト、小林、森谷ら強力だが、故障者が出た際には、本職がボランチの中村を2列目に上げるなどしてやりくりしていた。巻き返しに向け、前線の層を厚くすることが課題で、C大阪のFW杉本健勇(22)に続き、攻撃的MF、FWをこなせる船山の獲得に乗り出した。

 J2松本で背番号10を背負う船山は今季リーグ全42試合に先発。得点ランク3位の19得点を挙げ来季J1昇格の立役者となった。パスも出せてドリブルもできる技術の高い万能タイプで、ショートパスを多用する川崎Fのスタイルにフィットする可能性は高い。

 J2松本にとってはチームの顔である絶対エースの流出危機。慰留に全力を注ぐ方針で、今後の動向から目が離せない。

 ◆船山 貴之(ふなやま・たかゆき)1987年(昭62)5月6日、千葉県出身の27歳。柏ユースから流通経大に進み、10年にJ2栃木入り。11年夏に当時JFLの松本に移籍した。JFL通算77試合25点、J2通算138試合42点。利き足は右。兄・祐二(29)も鹿島などに在籍した選手で、現在はタイのアーミー・ユナイテッドに所属。1メートル70、69キロ。O型。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月4日のニュース