千葉 アクシデントを乗り越え3年連続J1昇格プレーオフ進出!

[ 2014年11月23日 16:26 ]

J2第42節 千葉1―0讃岐

(11月23日 丸亀)
 千葉が前半にFW森本をアクシデントで失いながらも敵地で讃岐に1―0で勝利。勝ち点を68として、3位で3年連続のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。

 両チーム得点なく迎えた前半30分、千葉のFW森本が讃岐のDF藤井とセンターサークル付近でハイボールを競り合う際に互いの頭が激しく接触。ピッチに横になったまま動けなくなった。

 その後、森本は救急車で病院に搬送されるも検査の結果、幸いにも異常はなかった。千葉は今季10得点を挙げている得点源を失ったが、代わってピッチに入ったFWケンペスが前半ロスタイム1分に先制ゴール。昨季J2得点王がもたらしたこの1点を後半は守り切った。

 長野とのJ2・J3入れ替え戦が決まっている讃岐はシュート数9本と千葉の6本を上回ったが、今季J2最終戦をホームのサポーターを前にして勝利で飾れなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年11月23日のニュース