ロナウド2発!史上最速12試合で20得点 レアル圧勝で堅首

[ 2014年11月23日 12:08 ]

リーグ史上最速となる12試合で20得点に到達したRマドリードのロナウド(AP)

リーガエスパニョーラ第12節

(11月22日)
 スペイン・リーガエスパニョーラ第12節の4試合が22日に行われ、レアル・マドリードはアウェーでエイバルを4―0で下し、首位をキープした。2得点のロナウドが、リーグ史上最速となる12試合での20得点に到達した。

 Rマドリードは前半23分にFWハメス・ロドリゲスの得点で先制すると、前半終盤にFWロナウドが加点。後半24分FWベンゼマが3点目を決めると、同37分PKをロナウドが決めて、そのまま無失点で試合を終えた。

 2位バルセロナはホームでセビリアに5―1で快勝し、首位Rマドリードとの勝ち点差2をキープ。ハットトリックを達成したFWメッシが、同リーグでの通算得点を253に伸ばして歴代最多記録を更新した。

 3位アトレチコ・マドリードはホームでマラガを3―1で下し、首位Rマドリードとの勝ち点差は4。

 昨季途中にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を解任されたデビッド・モイーズ氏が就任したレアル・ソシエダードは、アウェーでデポルティーボ・ラコルニャと0―0で引き分けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年11月23日のニュース