横浜の来季監督「私が候補者」 アデレード・ゴンバウ氏が認める

[ 2014年11月23日 06:37 ]

<神戸・横浜>後半、決勝ゴールを決め、伊藤(右)と喜ぶ横浜・兵藤

J1第32節 神戸1―2横浜

(11月22日 ノエスタ)
 横浜が来季からの監督にリストアップしているアデレード・ユナイテッドのジョゼップ・ゴンバウ監督が、自身が候補者の一人であることを認めた。

 オーストラリアのニュースサイト「news.com au」が、22日に行われたアウェー、セントラルコースト戦の前日会見でゴンバウ氏が発言した「私が候補者であるというのは真実だ」というコメントを紹介。現在、同氏を含めた10人の候補者リストから最終選考中で、12月6日のJリーグ最終節が終わる前に新監督が発表されることが予想されるとしている。

 横浜はこの日、敵地での神戸戦に2―1で勝ち、3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年11月23日のニュース