J1残留争い C大阪は次戦●で降格決定 大宮は●△で可能性

[ 2014年11月23日 05:30 ]

 22日の結果で13位甲府までのJ1残留が確定。来季J2降格となる残り2枠は14位仙台、15位清水、16位大宮、17位C大阪に絞られた。次節(29日)は大宮とC大阪に降格決定の可能性がある。両チームの降格決定条件は次の通り。

 <大宮>名古屋戦に●の場合は仙台と清水がともに○か△、△の場合でも両チームがともに○で降格。それ以外と○の場合は最終節(12月6日)まで持ち越す。

 <C大阪>鹿島戦で●なら他カードの結果に関係なく降格。△なら仙台と清水がともに○か△、○の場合でも両チームが○で降格となる。仙台(徳島戦)と清水(柏戦)は○の場合は大宮が△か●で残留決定。△の場合でも大宮が●、C大阪△か●で残留。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年11月23日のニュース