無念オフサイド…仙台ロスタイム幻のV弾 野沢「悔しさ大きい」

[ 2014年11月23日 05:30 ]

<仙台・C大阪>試合後、審判団を囲んでオフサイドの判定に抗議する仙台イレブン

J1第32節 仙台3―3C大阪

(11月22日 ユアスタ)
 仙台は3―3の後半ロスタイム、野沢の正確なFKから劇的な決勝点が生まれたかに思われたが、オフサイドの判定でゴールは幻に。「先制点は決めたが、あのシーンの悔しさの方が大きい」と野沢は苦笑した。

 2点を先行し、さらに後半43分にハモン・ロペスのミドルシュートで勝ち越しながら、仕留められなかった。渡辺監督は「展開からすれば、勝ち点3を取らなければいけない」と険しい表情だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年11月23日のニュース