FC東京、広島DF塩谷獲りへ!代表での活躍で白羽の矢

[ 2014年11月20日 06:35 ]

FC東京が獲得を狙う広島の日本代表DF塩谷

 FC東京が、広島の日本代表DF塩谷司(25)の獲得に動いていることが19日までに分かった。

 塩谷は10月に日本代表に初選出。先発で代表デビューした同10日のジャマイカ戦では、センターバックで森重とコンビを組みアギーレジャパンに初勝利をもたらした。広島は基本は3バックながら、4バックにも難なく対応。もともとフィジカルの強さとスピードには定評があったが、代表での活躍でさらに評価を上げた。

 FC東京のDFはアギーレジャパンで唯一、全6試合に先発する森重のほか、数々のケガを乗り越えて今季復活した吉本、さらに今夏にアタランタから1年の期限付き移籍で加入した元U―22イタリア代表のカニーニらがいる。今季から就任したフィッカデンティ監督の手腕もあってリーグ戦は29失点。27失点の浦和、横浜に次ぐ失点の少なさを誇っている。塩谷が加われば一層、強固となることは間違いない。さらに今季も何度か試した3バックの採用も可能となる。

 関係者によれば、塩谷は広島との契約を来年まで残しており、獲得には移籍金が必要。川崎FのFW大久保の獲得には失敗したが、来季、悲願のタイトル獲得へ今度は日本屈指のDF獲得へ全力を注ぐ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年11月20日のニュース