本田に8点の高評価も イタリア各紙

[ 2014年10月20日 18:45 ]

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、19日のベローナ戦で2点を挙げ今季通算6ゴールとし、得点ランキングのトップに並んだ本田圭佑(ACミラン)について、20日付のイタリア各紙は非常に高い評価を与えた。

 コリエレ・デロ・スポルトとトゥット・スポルトの両紙は8点。トゥット紙は「本田変容 ミステリーからリーダーへ」との見出しで、苦しんだ昨季とは対照的な活躍を称賛した。7・5点を付けたガゼッタ・デロ・スポルト紙は「世慣れたFWのようにゴール前で決して感情を表さない」と、得点機での冷静さをたたえた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年10月20日のニュース