名古屋 4失点大敗…西野監督、首かしげ「自滅」

[ 2014年10月18日 19:35 ]

J1第28節 名古屋0―4広島

(10月18日 Eスタ)
 大敗した名古屋の西野監督は「前後半で、あまりにも内容が違った。自滅だった」と首をかしげながら振り返った。前半は押し込んで相手のシュートをわずか1本に抑えたが、後半は10本を浴びて4点を失った。

 今季の広島戦は2戦で計9失点と散々だ。4点目となるPKを与えてしまった守備の要の闘莉王は「1点目の後にすぐに取られる一番悪いパターン。どうも広島のシステムに、うちの(DF)4人がはまらない」と顔をしかめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年10月18日のニュース