G大阪7連勝、首位に4差 浦和は仙台に敗れる J1第28節

[ 2014年10月18日 21:20 ]

 J1第28節(18日・万博記念競技場ほか=9試合)は、2位のG大阪が川崎Fとの上位対決を1―0で制し、10年ぶりの7連勝で勝ち点を52に伸ばした。首位浦和が仙台に2―4で敗れたため、勝ち点差は4に縮まった。鳥栖はC大阪に1―0で競り勝ち、同50で3位に浮上した。

 鹿島は柏に2―3で敗れ、2連敗で4位に後退。広島は名古屋に大勝し、横浜Mは清水を退けた。残留を争う大宮はFC東京を破り、3連勝で14位に上がり、甲府は新潟と引き分けて15位に。最下位の徳島は神戸と引き分け、7試合ぶりの勝ち点で今節のJ2降格決定を逃れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年10月18日のニュース