山形 J2対決制し初の準決勝進出!川西「優勝を狙わないと」

[ 2014年10月16日 05:30 ]

北九州戦の後半、先制ゴールを決め喜ぶ山形・川西

天皇杯準々決勝 山形1―0北九州

(10月15日 NDスタ)
 J2山形は後半34分に鋭いシュートで均衡を破った川西は、大盛り上がりのベンチに駆け寄った。前身のNEC山形が84年に発足して以来、初の4強入り。4戦全て1―0と勝負強さを発揮して勝ち上がり、石崎監督は「選手たちの天皇杯に懸ける気持ちが出た」と称えた。

 準決勝の相手も同じJ2の千葉で、決勝進出のチャンスは十分にある。川西は「歴史を塗り替えたからには、優勝を狙わないといけない」と強気に言い放った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年10月16日のニュース