アギーレ監督 古巣に八百長疑惑浮上 関与していれば禁錮刑も

[ 2014年9月27日 05:30 ]

アギーレ監督の古巣に八百長疑惑が。関与していれば最悪禁錮刑も

 スペインの検察当局が11年5月のレバンテ―サラゴサ戦で八百長が行われた疑いがあるとして調査に乗り出すことになった。25日付のスペイン紙マルカなどが報じたもので選手20人やクラブ幹部を10月3日に事情聴取するという。

 当時のサラゴサは現日本代表のアギーレ監督が率い、最終節でレバンテを破って2部降格を回避。両クラブは調査に協力する意向を表明した。同監督が調査対象にあたるかは不明で日本協会の大仁会長は26日に「何も聞いていない」と話した。八百長関与が認められれば個人は禁錮刑、クラブは公式戦出場停止となる可能性がある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2014年9月27日のニュース