群馬 秋葉監督が今季限りで退任 札幌戦に3発快勝後、突然の表明

[ 2014年9月21日 11:25 ]

 J2群馬は20日、同日行われた札幌戦(正田スタ)の試合後に秋葉忠宏監督(38)が今季限りで退任する意思を表明したと発表した。

 クラブによると、秋葉監督は記者会見で「もっと上の順位に導けるところで、結果を導き出せず、しっかりとした責任を取りたい。最後までしっかりと残り試合を指揮していく」とコメント。シーズン途中での進退については「クラブに一任する」と話したという。

 また、会見に同席した都丸晃社長は「監督にはクラブライセンスの問題などで大変な苦労をかけたが、監督の決断を尊重する。今後、チームの状態や今期ご支援を頂いた多くの方々の思い、来シーズンのチーム編成などを考えながら、慎重に対応していきたい」と語った。

 秋葉監督はJ2水戸コーチを2年間務めた後、昨季からJ2群馬の監督に就任。昨季は20位、今季もここまで19位に低迷している。退任を表明した20日の札幌戦は3―0で勝っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年9月21日のニュース