アーセナルが底力 ベンゲル監督「素晴らしい精神力だった」

[ 2014年8月28日 08:34 ]

<アーセナル・ベシクタシュ>前半、先制ゴールを決めるアーセナルのアレクシス・サンチェス=左=(AP)

欧州CLプレーオフ第2戦 アーセナル1―0ベシクタシュ

(8月27日)
 アーセナルが苦しみながらも、底力を見せた。ベンゲル監督が「われわれには経験がある。それを生かす」と話していた通りの戦いぶりで本戦への切符をつかんだ。

 前半終了間際にウィルシャー、エジルとパスをつなぎ、サンチェスが先制点を奪ったが、後半はベシクタシュに押し込まれた。30分にはDFドビュシーが2度目の警告で退場に。失点すれば2戦合計で並び、アウェー得点差で逆転を許すところだったが、粘り強く相手の攻勢をしのいだ。ベンゲル監督は「素晴らしい精神力だった。チーム全体をたたえたい」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月28日のニュース