シンプリシオ“阪神ダービー”へ気合!古巣打倒に燃える

[ 2014年8月28日 05:30 ]

 お隣クラブとの因縁対決を制す。神戸は27日、アウェーC大阪戦(30日、ヤンマー)に向けて西区で調整。この対決に誰よりも燃えているのがMFシンプリシオだ。

 昨季まで1年半に渡りC大阪の主力として活躍しさらなる契約延長の可能性もあった中、ブラジル人一掃のあおりを受けて戦力外に。ヴィッセルのパスサッカーの中枢を担うMFは4月26日の対戦時に負傷離脱していたため今回が初対戦。「個人的に負けたくない。モチベーションはある」と闘志を口にした。同じく先発予定の枝村も昨季まで2年間ピンクのユニホームを着ていただけに、こちらも気合十分だ。

 昨オフにはC大阪から森岡に獲得オファーがあったものの破談に。逆に今夏は神戸が相手の楠神ら2人にオファーを出したものの拒否された。さまざまな思惑の絡む関西のライバル対決は盛り上がり必至だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月28日のニュース