吉報つかむ!太田 芸人ばりトークで代表入り“ラストアピール”

[ 2014年8月28日 05:30 ]

会見を終えフォトセッションを行う(左から)ライセンスの井本貴史、石井一久氏、FC東京・太田、ペナルティのワッキー

 日本代表のハビエル・アギーレ新監督(55)は28日、初陣となる9月5日のウルグアイ戦(札幌ド)、同9日のベネズエラ戦(日産ス)へ向けた代表メンバーを発表する。選出が期待されるFC東京のDF太田宏介(27)は27日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネジメント契約を締結。会見でアギーレジャパン入りへ“最後のアピール”を行った。

【日本代表日程】

 アギーレジャパン入りへの強い思いを、太田があらためて語った。「よしもと」とマネジメント契約を締結し、都内の同社本部で会見。翌日の新生日本代表のメンバー発表を前に「やれるべきことは全てやってきた。あすは楽しみ。ワクワクしている」と“最後のアピール”を行った。

 お笑い芸人のペナルティのワッキー、ライセンスの井本貴史が司会を務め、よしもと所属のスポニチ本紙野球評論家・石井一久氏も出席した会見は終始、爆笑の渦に包まれた。太田はメキシコ人監督就任直後の8月2日の清水戦で得意の左足FK弾を決め「アギーレさん見てますか弾」と自ら命名。10年1月以来の代表復帰に猛アピールした。それをワッキーから「おまえアホか」と突っ込まれると、すかさず「ここで一発インパクトのある名前を付けないと、と思った」と“芸人ばり”に切り返し。井本は「まさか、よしもとが先に食いつくとは」と続けるなど、即興トリオ漫才を披露した。

 よしもとはそんな明るくサービス精神旺盛なキャラクターに早くから注目。今後はスポーツを通じて地域に貢献するプロジェクト「ふるさとアスリート」などを中心に活動をサポートしていくという。太田は「たくさんの人のおかげで今の自分がある。現役のときから恩返ししていきたい」と約束。さらに「ジャンクスポーツ、熱血浜田塾(ダウンタウンのごっつええ感じ)に出たい」と逆オファー。今後はピッチ外でも活躍が見られそうだ。

 日本代表に選出されれば、ムードメーカーとしても期待がかかる。「FC東京でタイトルを獲れて、代表にも絡めていけたらなおさら良い」。FK名手として名を挙げたJ屈指の左サイドバックはピッチ内外でのアピールを終え、あとは静かに吉報を待つ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月28日のニュース