クローゼ、独代表引退…W杯最多の通算16得点「夢かなった」

[ 2014年8月11日 21:49 ]

 サッカーのワールドカップ(W杯)で歴代最多となる通算16ゴールを記録したドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ(36)が代表を引退すると11日、同国のサッカー協会が発表した。クローゼは「W杯優勝で子どものころからの夢がかなった」とコメントした。

 クローゼはW杯ブラジル大会で5試合に出場して2得点し、ドイツの優勝に貢献。ロナウド(ブラジル)の15点を抜いて、W杯通算得点の記録を更新した。

 2002年日韓大会から4大会連続でW杯に出場し、06年ドイツ大会では得点王に輝いた。代表通算137試合で、同国最多の71点を挙げた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年8月11日のニュース