スイス紙は柿谷一色「夢のようなデビュー」 ファン76%が最高評価

[ 2014年8月11日 06:14 ]

柿谷の初ゴールを大々的に報じるスイス紙ブリック

スイスリーグ第4節 バーゼル4―1チューリヒ

(8月9日)
 バーゼルの地元紙も柿谷の活躍一色だった。バーゼラー・ツァイトゥンク紙は「柿谷の夢のようなデビュー」の見出し。「彼は支配的なフィニッシュだけでなく、ズッフィとのワンツーも見せた。そして、なぜ彼が素晴らしいのかというと、デルガドのゴールもアシストしてみせたからだ」と伝えている。

 同紙ではファンが6段階で評価を投票するが、柿谷に対しては最高評価の「とても良い」が76%、2つ目の「良い」が21%を占めた。この日は、地元の日本人学校の生徒や関係者も多く応援に駆け付けており、日本人ストライカーにとって最高の本拠地デビュー戦となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年8月11日のニュース