マラドーナ氏 メッシ頼み母国に警鐘「あの子は孤立している」

[ 2014年7月5日 05:30 ]

メッシ頼みのアルゼンチン代表に警鐘を鳴らしたマラドーナ氏(AP)

W杯ブラジル大会準々決勝 アルゼンチン―ベルギー

(7月5日 ブラジリア)
 前回南アフリカ大会でアルゼンチンを率いたマラドーナ氏はメッシ頼みの母国に警鐘を鳴らした。

 スイス戦後に、ベネズエラのテレビ局に答えた内容が南米各メディアに伝わったもので、この中で「ビッグネームがそろっているアルゼンチンだが、実力の40%しか出せていない。あの子(メッシ)は孤立している」と嘆き節。さらにメッシ以外の選手に関しても「全力を尽くそうという態度に欠けている」と酷評していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年7月5日のニュース