西川 4年後のW杯で悔しさ晴らす!決意のチーム合流

[ 2014年7月5日 05:30 ]

4年後のロシア大会出場を見据えた西川

 W杯ブラジル大会を終えた日本代表GK西川が浦和の練習に合流し、4年後のロシア大会出場へ意欲を見せた。

 ブラジル大会直前のザンビア戦で先発に抜てきされたが、DF陣のミスもあって3失点。その影響からか本大会3試合とも出番はなかった。「チャンスを生かせなかった。(ザンビア戦は)人生で一番悔しい試合になった」と振り返った。次のW杯は32歳で迎える。「人生で一番の悔しさを味わったので、次のW杯は目指すべきステージ」と決意を新たにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年7月5日のニュース