柿谷 バーセル移籍結論まだ「自分なりに考え、これから」

[ 2014年7月5日 05:30 ]

<C大阪練習>約2時間のサイン会を終え、大量のプレゼントを手にクラブハウスに戻る柿谷

 スイス1部バーゼルから獲得オファーを受けている日本代表FW柿谷曜一朗(24)は移籍か残留かの結論を口にしなかった。報道陣からの問い掛けに対し「自分なりに考えて、いろんな人と相談して、これから」と話すにとどめた。

 バーゼルの施設見学のために1日夜から弾丸渡欧。帰国してから間もないものの、この日は居残りシュート練習を敢行し、さらに約2時間にわたってファン対応を行った。

 1次リーグで敗退したW杯について柿谷は「自分が(短い時間しか)出られなかったことより、チームが上のステージに行けなかった。もっとできた」と語り、よりレベルの高い場所でプレーしたいとの思いはある。この日はクラブ側へ意思表示することなく引き揚げた。勝矢強化部長は「きのうから何も進展はありません」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年7月5日のニュース