ベンゼマ シュート7本も空砲…独守護神ノイアーの壁崩せず

[ 2014年7月5日 03:51 ]

フランスのエース、ベンゼマは後半アディショナルタイムにフリーでシュートを放ったが、ドイツGKに惜しくも阻まれた(AP)

W杯準々決勝 フランス0―1ドイツ

(7月4日 リオデジャネイロ)
 今大会3得点のフランス代表FWベンゼマは不発。チーム最多となる7本のシュートを放つもGKノイアーの壁を崩すことができなかった。

 FWベンゼマはFWジルーがベンチからのスタートとなったため3トップの中央に入ってプレー。前半44分にはドリブルでDFラームのマークを避け右足でシュートを狙うもGKノイアーの正面。試合終了間際に訪れたこの試合最大の決定機も、“世界最高の守護神”に防がれゴールならず。ペナルティーエリア左の角度のないところからGKの反応しずらいニアサイドの上を狙ったが、相手の方が一枚上手だった。

 1次リーグのホンジュラス戦で“幻のハットトリック”を決めるなど好調なスタートを切ったベンゼマだったが、エクアドル戦から3戦連続でゴールなし。消化不良のまま大会を去ることになってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年7月5日のニュース