ブラジル戦で最多1640万ツイート記録 劇勝の瞬間39万ツイート

[ 2014年6月29日 14:22 ]

劇的勝利に涙するブラジルのネイマール(中)ら(AP)

W杯決勝トーナメント1回戦 ブラジル1―1(PK3―2)チリ

(6月28日 ベロホリゾンテ)
 サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は28日(日本時間29日)、決勝トーナメントが開始。Twitter社によると、決勝T初戦となったブラジル―チリで今大会最高となる1640万ツイート記録した。

 試合ごとのツイート数で、今大会でこれまでトップだったのは、開幕戦のブラジル―クロアチア戦で1220万ツイートだった。日本の西村雄一審判が笛を吹き。微妙なPK判定が話題になった試合だ。

 また、1分間あたりのツイート数でも、PK戦でブラジルのベスト8進出が決まった瞬間に今大会の開幕以来、最も多い38万8985を記録。これまでの最多は、こちらも開幕戦でのブラジル・マルセロのオウンゴールの瞬間で37万8085だった。

 最も話題になった選手は、ブラジルがネイマール、チリが同点ゴールを決めたサンチェスっだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月29日のニュース