ヤヌザイ初出場に歓喜「これ以上望むものない」後半途中までプレー

[ 2014年6月27日 10:40 ]

<ベルギー・韓国>W杯初出場を果たしたヤヌザイ(右)(AP)

W杯1次リーグH組 ベルギー1―0韓国

(6月26日 サンパウロ)
 既に決勝トーナメント進出を決めていたベルギーは控え選手を多数起用し、香川が所属するマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)で活躍する19歳のヤヌザイもW杯初出場した。

 右MFで先発し、後半15分までプレー。なかなか効果的な攻めに参加できなかったが、クロスやスルーパスで実力の片りんは見せた。コソボ出身でアルバニア国籍の両親を持ち、ベルギーで生まれ育った。ベルギーのテレビによると、大会直前に同国代表入りを決断した有望株は「19歳でW杯に出られるなんて。これ以上望むものはない」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月27日のニュース