渋谷スクランブル交差点は盛り上がらず…警官がハイタッチをブロック

[ 2014年6月20日 09:57 ]

ギリシャ戦後、右側通行が敷かれた渋谷スクランブル交差点

 日本代表はW杯ブラジル大会1次リーグC組の第2戦でギリシャとスコアレスドロー。決勝トーナメント進出へわずかに望みをつないだ。東京・渋谷駅前のスクランブル交差点では、通行人と青いユニフォームを着た人たちが入り交じり雑然とした。

 この日は斜め横断が禁止されたほか、大勢の警察官による人の鎖で、横断歩道を縦に分断。右側通行に限ることですれ違いハイタッチを防いだ。盛り上がりに水を差された一部の人たちはセンター街の入り口付近に集まり記念撮影や飛び跳ねるなどし、試合後の余韻を楽しんだ。

 パブリックビューイングで応援していたという都内の大学に通う女性(20)は「朝から集まったけど、引き分けて残念。みんなも同じ気持ちなのでは」と落胆した表情を浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月20日のニュース