カズ プロ原点の地から香川に「普段の自分出せばいい」

[ 2014年6月18日 05:30 ]

サントスの練習場で壁に描かれた自画像の横でポーズを取るカズ

 日本協会アンバサダーのカズが“原点の地”から日本代表へ原点回帰を促した。16日に古巣サントスを訪問。86年2月、初めてのプロ契約で訪れた時から変わっていない机や、階段の風景などに「何も変わっていないのがうれしい。当時は、日本人にはサッカーができないと思われていた。その日本がブラジル開催のW杯に出てる」と感慨深げだった。

 さらに思いをはせたのは親交がある香川。「初戦はリズムに乗れていなかった。そういう時もある。普段の自分を出せばいいんだ」。まさに“原点を忘れるな”という助言だった。親交がある長谷部らにもLINE(無料通信アプリ)でエール。「リラックスしてもらおうと思って海辺でひっくり返っている写真を送っておきました」。カズもW杯を戦っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月18日のニュース