“大使”カズが日本代表にエール 国歌斉唱で「ぐっときた」

[ 2014年6月15日 15:43 ]

<コートジボワール・日本>W杯を観戦に訪れた三浦知

W杯1次リーグC組 日本1―2コートジボワール

(6月14日 レシフェ)
 今大会、日本サッカー協会の大使に任命されてブラジル入りした元日本代表FWの三浦が、会場で後輩のプレーを見守った。厳しいスタートとなったが「とても残念。まだ2試合残っているのでいい準備をしてください」とエールを送った。

 ブラジルはプロ生活をスタートさせた思い出の地だ。日本サッカー界の第一人者としてけん引しながらも、W杯の舞台には縁がない。「レシフェで日本代表の試合を観戦できたことはうれしく思う。国歌斉唱の時は胸にこみ上げるものがあり、ぐっときた」とコメントした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月15日のニュース