日本代表の敗因 ドログバ気にしている間に違う選手にやられた

[ 2014年6月15日 12:36 ]

後半、コートジボワールのFWボニー(12)に同点ゴールを決められる(AP)

W杯1次リーグC組 日本1―2コートジボワール

(6月14日 レシフェ)
 幸先よく先制点を奪いながら、逆転負けで残念ながら黒星スタートとなったザックジャパン。スポニチ本紙評論家の川本治氏(62)はコートジボワール戦をどう見たのか。

 1―0で折り返した前半は「予想以上の大健闘だった」と振り返る。ダブルボランチには山口と、故障明けでコンディションが心配された長谷部が先発に入ったが、「ザッケローニ監督の“しっかり守る”という意味が強く伝わり、大正解だったと思う。前半はドログバがいなかったとはいえ、前線は3人とも欧州でプレーしている選手。まずは守備がしっかりしていないと難しい試合になるところだった。大事な初戦。試合の入り方も良かったし、いい時間帯に先制した」と評価した。

 ただ、後半ドログバが途中出場してから状況が変わった。「彼にやられたわけではないが、ドログバが出て来たなと気にしている間に違う選手にやられた。2点ともそうだった」。そして、遠藤の使い方も気になったという。「リードしている中で彼に期待するのは守備面ではない。リズムを作ろうという意図での投入だったはず。だが、前半は長谷部が効いていた。それがなくなり、最終ラインの不安が出てしまった。コンディションの問題もあるのだろうが、長谷部を代えたのが残念。長谷部がずっといたらどうだったか、と思う」と残念がった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月15日のニュース