ベスト布陣間に合った!コートジ指揮官 日本戦へ「準備整った」

[ 2014年6月15日 06:00 ]

ヤヤ・トゥーレ(左)はパスゲームで軽快な動きを見せる

W杯1次リーグC組 コートジボワール―日本

(6月14日 レシフェ)
 コートジボワールもベストの布陣で日本戦に臨むことになりそうだ。ラムーシ監督は前日会見で「100%ではない選手も中にはいるが、全ての選手の準備が整った」と明言。「チームは野心を持ち、一つになっている。できるだけ長く大会に残りたい。国の誇りとなるようなプレーをしたい」と力を込めた。

 左太腿裏の肉離れで出遅れていた司令塔のヤヤ・トゥーレも、8日の練習から全体練習に合流しており、強行先発する可能性が高い。指揮官とともに会見に出席した主将のDFゾコラも「コートジボワールだけじゃなくアフリカ全体にとって重要な選手。準備はできていると思う」と全幅の信頼を寄せた。

 過去2大会はダークホースとして注目されながらも、アルゼンチン、ブラジルなどの強豪に敗れ、いずれも1次リーグで敗退。今回はエース・ドログバを中心とした黄金世代で臨む最後の大会となる。

 ゾコラが「過去2大会と比べ良いグループに入った」と自信をのぞかせれば、フランス人指揮官も「今回は戦いやすいと思う。でもまずは初戦が大事」と意気込みを語った。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2014年6月15日のニュース