PR:

PK獲得のフレッジ、正当性を主張「明らかに反則だ」

ブラジルW杯1次リーグ開幕戦 ブラジル3―1クロアチア

(6月12日 サンパウロ)
 クロアチア戦でPKを獲得したブラジルのFWフレッジは一夜明けた13日、同国協会によるビデオ声明でPKの正当性を主張した。

 試合後はドーピング検査のためコメントしなかったが、西村主審によるファウルの判定について「明らかに反則だ。それ以上でもそれ以下でもない。ボールをコントロールしていて振り向こうとした時に肩を押された」と語った。

[ 2014年6月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月19日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム