ギリシャ、堅守崩壊…攻撃陣も不発で日本戦へ不安残す

[ 2014年6月15日 04:17 ]

コロンビア戦不発に終わったギリシャ代表のゲカス(AP)

W杯1次リーグC組 ギリシャ0―3コロンビア

(6月14日 ベロオリゾンテ)
 堅守が売りのギリシャだったが前半開始早々に失点すると、持ち味を生かせず後半にも2失点。課題だった攻撃陣も不発に終わり痛い初陣となった。

 膝に不安を抱えコンディションの上がらないエースFWミトログルに代わって先発したFWゲカスは後半18分、ゴール前でフリーとなってヘッドを放つが無情にもポストを叩き決定機をものに出来なかった。

 先に失点したこともあり、戦前の予想とは反しギリシャがボール支配する展開となったため得意のカウンターも仕掛けられず。満を持して後半19分にゲカスに代わって投入されたFWミトログルもシュート1本のみと不発に終わった。

 初戦を落としたギリシャは次戦、19日(日本時間20日)に日本と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月15日のニュース