700人が“ニッポンコール”で見送り、鳴り物もおとがめなし

[ 2014年5月30日 05:30 ]

成田空港出発ロービーに集まった多くのサポーターと報道陣

ザックジャパン 米国合宿へ出発

(5月29日)
 成田空港にはファン700人、報道陣120人が詰めかけ、選手の出発を見届けた。

 25日にはAKB48の握手会で傷害事件が発生したばかりで、警備員40人と警察官が選手の安全確保に目を光らせた。セキュリティーゲート前では一部のファンが太鼓を使って“ニッポンコール”を送った。成田空港の関係者は「本来(鳴り物使用は)事前に申請いただかないといけないのですが、今回はなかったようです」と指摘したが、おとがめなどはなく、選手もパワーをもらった様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月30日のニュース