本田「大事な試合で使われない理由 個が足りなかった」 

[ 2014年5月20日 05:30 ]

出場機会のなかった今季最終戦後に、チームメートをねぎらうACミランの本田(右端)
Photo By スポニチ

セリエA インテル・ミラノ1―2キエボ

(5月18日)
 【本田圭佑と一問一答 1】

 ――ACミランで通用した部分は?

 「自分しか見えていないゴールまでの描き方です。コンビネーションの部分になるのですが、その絵を共有できなかったのが悔しい。ここに来る選手は完成された選手が多い。未完成の選手が多かったチームとは違う。ロシア以上に厳しい」

 ――通用しなかったのは?

 「個の部分は物足りなかったですね。そこで打破できなかったのが大事な試合で使われない理由だったと思う」

 ――右サイドMFでの起用が多かった。

 「外(のポジション)をやるのは個が要求される。その個が足りなかった。ただポジティブに捉えて、前向きにはやってきた」

 ――トップ下がしたかった?

 「まあ、満足はしていなかったので監督に対しては自分の適性ポジションを求め続けました」

 ――ミラノダービー(5月4日)に出られなかった?

 「運命ですよね」

 ――10番の重圧は?

 「悔しさを糧にするしかないです」

 ――あらためて4カ月半を振り返って。

 「うまくいかなかったところばかりだと思うんですけど、それが分かったことがうまくいったことかな。プレーに関してもピッチ外に関しても、なかなか自分が思い描いていた通りにはいかなかった。今、右でやらされているのは何か意味があること」

 ――改善点はどこ?

 「自分にできることは少なからずあると思っているので、そこはポジティブに捉えている。このチームを変えることは不可能だと思ってしまえば終わってしまう。4カ月半は短いが、そこはもう少し時間が必要。さらに言えば時間がたてば状況も変わってくると思うし、その時に自分の良さを出せる状況にさせられればミランのファンを喜ばせることができる」

 ――コンディション面でも苦労したか?

 「それはない。恐らくチームのフィジカルテストすれば一番僕がいいと思う」

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月20日のニュース