横浜、神奈川ダービー制す 日本代表MF斎藤が持ち味発揮

[ 2014年5月18日 16:58 ]

<川崎F・横浜>試合後、サポーターの声援を受け感極まった表情を見せる横浜・斎藤

J1第14節 横浜3―0川崎F

(5月18日 等々力)
 横浜が敵地での“神奈川ダービー”を3―0で制し、勝ち点を17に伸ばして12位に浮上した。

 序盤は川崎Fに主導権を握られていた横浜だが、徐々にペースをつかみ、前半43分、右CKからDF栗原が頭で合わせて先制。1―0とリードして前半を折り返すと、後半も立ち上がりは川崎Fにボールを支配される時間帯が続いたが、後半12分にFW伊藤のゴールで追加点を奪った。

 日本代表MF斎藤が持ち味のドリブル突破でペナルティーエリア内に進入。シュートは相手DFに阻まれたが、足元にこぼれたボールを伊藤が冷静に左足で合わせた。

 さらに後半43分に右CKからDF中沢が右足のボレーシュートで豪快なゴールを決めてリードを3点に広げた。

 川崎Fは、FCソウルとのACL決勝トーナメント1回戦第2戦の疲れもあったのか、ややプレーの精度を欠き、日本代表に選出されたFW大久保も“御礼ゴール”を決めることはできなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年5月18日のニュース