苦しくなったドルトムント クロップ監督「もっといい状態で…」

[ 2014年4月3日 10:14 ]

欧州CL準々決勝第1戦 ドルトムント0―3レアル・マドリード

(4月2日)
 ドルトムントは4強入りが苦しくなった。GKワイデンフェラーは「集中力が欠けていた。思うように守れなかった」と険しい表情だった。

 2点目と3点目はミスから失った。エースのレバンドフスキら負傷者を多く抱えたチームが、失策を重ねては勝てない。クロップ監督は「自分たちで相手の2点をアシストしたようなものだ。もっといい状態で第2戦を迎えたかった」と嘆いた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年4月3日のニュース