先発入れ替えて完敗…鳥栖指揮官「豊田の存在は大きい」

[ 2014年4月2日 22:39 ]

鹿島に逆転負けし、肩を落とす鳥栖イレブン

ナビスコ杯1次リーグA組 鳥栖1―3鹿島

(4月2日 カシマ)
 直近のリーグ戦から先発を大幅に入れ替えた鳥栖は、鹿島に力負けした。尹晶煥監督は「豊田の存在は大きい。ほかの選手がもっと追い付けるように頑張らなければならない」とエース不在の影響を認めた。

 前半22分、特別指定選手で福岡大在学中の山崎のパスを早坂が押し込んで先制。しかしその後は防戦一方で、シュート数は5対22と圧倒された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月2日のニュース